胎児の成長_妊娠13週目

妊娠13週目ともなれば、胎盤の形成が急ピッチで進められているのではないでしょうか。赤ちゃんへの栄養はどんどん運ばれています。ママのお腹の中の赤ちゃんは、重要な組織が出来上がってくるので、徐々にその機能が活動を開始します。内臓の腎臓や膵臓、肝臓など赤ちゃんが外の世界で生きるための準備を着々と進めています。赤ちゃんの重さが30グラムより少ないぐらいまでになって、ママのお腹も少しずつ大きくなっています。赤ちゃんの体が大きく、頑丈に育ってもらいために、ママは鉄分、ビタミンなど、栄養バランスを考えて食事をとりましょう。つわりが終わりに近づき、食欲が戻っても、食べ過ぎに注意しましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは70~100ミリメートルぐらいの大きさがあります。ついに10センチメートルの大台に到達する寸前です。その半分は頭です。頭が大きく脳が発達しているのが分かります。このころから体の方の成長へと切り替わる時期です。赤ちゃんの腸の一部がへその緒の中に入っていましたが、それがお腹の中に戻る時期です。

【ママはいま】

ついに長く続いていたつわりも終わりに近づいています。妊娠中期に入りました。妊娠初期では、今まで味わったことない不快な症状が終わり、体内のホルモン状態も安定へと向かいます。妊娠初期に見られた膀胱の圧迫による頻尿の症状も和らいできます。子宮の位置が徐々に骨盤の上の方へと移動しているからです。妊娠中期は不快感などからの解放により、やれることが増えてきます。まずは妊娠中期のお祝いに、洋服でも買いに行きましょう。お腹も大きくなり始める頃なので、今までの洋服だと圧迫されることもあります。大きめのゆったりした下着や服を買いましょう。

【パパはいま】

ママのお腹が少し大きくなったのが、食べすぎなのか、赤ちゃんの影響なのか分からなくなっているのではないでしょうか。ママが少し動けるようになり、パパの活力も戻ってくる頃です。ママの買い物ついでにパパもついでに買っちゃいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*