胎児の成長_妊娠31週目

妊娠31週目ともなれば、赤ちゃんの伸長は40センチを越えてきました。これからは、縦の伸びよりも脂肪をつけて体に厚みをつけていきます。赤ちゃんへはパパとママの声がとどいています。赤ちゃんは、生まれてすぐには視力がほとんどありません。その間赤ちゃんを安心させられるのは、お腹のなかで聞いていたパパとママの声もひとつです。話しかけて赤ちゃんにパパとママの声を認識してもらいましょう。ママは、赤ちゃんの胎動を感じながら、胎動の数を数えましょう。1時間から2時間の間に10回以上の胎動を感じるか確認するのが日課になります。赤ちゃんが元気に成長していることを確認しましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは410~440ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは1600グラムを超えてきました。いままで伸びてきた赤ちゃんの体は大きくなり、頭の位置を動かします。体では血液循環の機能が完成に近付いています。心臓、骨髄、腎臓などの臓器が各機能の役割を果たすため、成長しています。

【ママはいま】

ママのお腹は大きくなり、重くなっています。息苦しさも増しているかもしれません。ママは出産準備に向けて体に変化が出てきます。お腹に張りがでて違和感を感じるママもいます。お腹の張りがある場合は横になり様子を見た方がよいです。妊娠後期になり切迫早産の可能性もありますので、出血がある場合や痛みと張りが続くようであれば、主治医に相談しましょう。

【パパはいま】

パパは、赤ちゃんが産まれた後のことを考えて準備しましょう。妊娠後期になり、ママの体調も変化しています。予定日よりも早く赤ちゃんが生まれてもいいように準備します。ママが息苦しさなどで、行動するスピードが落ちますので、イライラせずママをサポートしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*