胎児の成長_妊娠36週目

妊娠10ヶ月に突入です。妊娠36週目ともなれば、出産に向けて赤ちゃんもママもラストスパートです。赤ちゃんは体を丸め下におりようとしてきます。赤ちゃんが下に降りてくるといままで、圧迫されていた胃などの臓器が解放され始め、食欲が戻ってくることもあります。しかし、過食は避けて体重管理をつづけましょう。ママはお腹の張りがでて、いよいよ出産に向けた最終的な準備をする時期です。検診は週に一回になり母体と赤ちゃんの状態を確認します。お腹が張り続けたりする場合は主治医に相談しましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは440~470ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは2600グラムを超えてきました。赤ちゃんは膝を折り畳み、体育座りのように足をかかえ、産まれる体勢に入り始めました。肌の色はピンク色ぽくなり体は一段とふっくらしてきました。

【ママはいま】

ママは、お腹の張りも感じることが多くなっているのではないでしょうか。週に一回の健診になり、病院にいくのも大変ですが必ず受診しましょう。いつお産が始まっても不思議はありませんので、お腹の痛み、出血などに気がついたら、主治医に相談しましょう。おなかの痛みの他、おなかが固くなった時も遠慮なく相談しましょう。安産に向けて体調管理も含めてウォーキングを始めていい頃ですが、あまり遠くにいかないことと、母子手帳などは常に携帯しましょう。

【パパはいま】

そわそわし始めたのではないでしょうか。パパは赤ちゃんがいつ生まれてもいいように準備をしましょう。緊急事態に備えて、ママに母子手帳や保険証など保管場所や病院にいく経路などを確認しましょう。また、ママが出掛けるときは出来るだけついていきましょう。ママの体は出産に向けて準備していますので、急な体調変化に対応できるようにサポートしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*