胎児の成長_妊娠5週目

赤ちゃんへの栄養を十分に送り込むためのヘソの緒からどんどん栄養が送り込まれ赤ちゃんがぐんぐん成長します。妊娠週の5週目には赤ちゃんへの栄養を考えはじめる時期です。中でも葉酸を摂取と、脊髄に関する先天性異常の予防策と考えられています。足りない栄養はサプリメント等で補給することもひとつです。

【赤ちゃんはいま】

どんどん細胞分裂を繰り返します。遺伝子の設計図に組み込まれた組織の形成に必要な細胞は分裂を繰り返しどんどん数を増やしていきます。そして、胎芽は1から3ミリメートルぐらいの大きさになり、心拍も確認できるようになります。この胎芽を大切に守るためにも、たばこやアルコール類、薬は避け、安静にしましょう。

【ママはいま】

妊娠によりだるさに加え、つわりも出てきて、食べ物が食べられないということもあるでしょう。精神的には、赤ちゃんの成長に対する不安やつわりなどの体調の変化でイライラしたりするかもしれません。がまんせず、今の状態を家族にわかってもらえるように伝えましょう。つわりのときは、食べられるものが人によって変わりますので、無理せず食べられるもので、栄養をとりましょう。

また、この時期は、腹部への痛みや腰痛があるママも多く見られます。多少の出血などもよくありますが、自己判断はせずに、医者のアドバイスききましょう。安静が一番ですが、お風呂に入ったり、お昼寝をしたりして、リラックスしましょう。

【パパはいま】

いつも通りの生活を送っているかもしれませんが、赤ちゃんができた喜びと、奥様の体調を気遣いなど普段とは違う気持ちになります。いつもより一杯少ない晩酌にして、家事、炊事などを手伝いながら奥様の体をいたわりましょう。不慣れなことなので、頑張りすぎないことも必要です。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*