胎児の成長_妊娠23週目

妊娠23週目ともなれば、赤ちゃんへママとパパの声が届いているのではないでしょうか。羊水は塩分を含みいろいろな感染症を撃退し、少し暖かく赤ちゃんにとって居心地のよい場所になっています。ママのお腹はますます大きくなってきます。体の重心がずれて、支えている腰や背中に負担がかかり、足にも負担がかかり、足をつるママも多くなります。体の負担はありますが、これから生まれてくる赤ちゃんのために母親学級などに参加して、赤ちゃんを迎え入れる準備をしましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは270~350ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは400グラムを超えてきました。筋肉がどんどんつき、力強く成長しています。気が付いたら超音波写真に全身が写らないぐらい大きくなっているのではないでしょうか。赤ちゃんの耳は内耳でき始め、外の声が聞こえています。パパとママの声を聞いて、生まれた後に安心できる声を確認しています。赤ちゃんはママのお腹の中でぐるぐる動いているので、超音波写真を撮るタイミングでは性別が分かるかもしれません。

【ママはいま】

ママのお腹は大きくなり、体重が増えていきます。子宮はおへそぐらいまで大きくなっていますので、息苦しさは増しています。女性に多い貧血の症状を訴えるママも多くなります。鉄分補給は忘れないように栄養管理を行いましょう。体の変化によって、自分を支える筋肉が悲鳴を上げ始めますので、温かいお風呂に入り、筋肉を和らげたり、体をいたわりましょう。

【パパはいま】

このころのパパは、赤ちゃんに話しかけをするついでに、ママの腰痛や背中痛を和らげるためにマッサージなどママの体をいたわりましょう。両親学級などにママと一緒にいき、マッサージのやり方を確認しましょう。ママのマッサージをした後は、パパもマッサージ屋にいってリフレッシュしましょう。

胎児の成長_妊娠22週目

妊娠22週目ともなれば、赤ちゃんはお腹のなかで手足をモニョモニョ動かしているのではないでしょうか。手を握ったり、手足を伸ばしたりできるようになっているはずです。ママは胎動を感じているのではないでしょうか。ママは妊娠に慣れてきて、少し心に余裕が出てくる頃です。赤ちゃんの成長を感じながら日々を過ごしているのではないでしょうか。ただ、油断は禁物です。少し風を引いたり体調を崩すかもしれませんので体調には気を付けましょう。風邪薬などの服用は主治医に相談しながら行いましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは260~320ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは300グラムを超えてきました。筋肉がどんどんつきはじめていきますが、体温を維持するための脂肪がやっとつきはじめます。体は日々成長し大きくなっています。赤ちゃんの顔は、まぶたが徐々にくっきりでき始めます。赤ちゃんはどんな顔で生まれてくるのでしょうか。

【ママはいま】

はっきりとお腹が出ているのがわかり、周りからも妊婦と分かるぐらいになっているのではないでしょうか。ママは胎動を感じているのではないでしょうか。赤ちゃんのしゃっくりが分かるママもいます。ママの胸は既に母乳の準備が始まり、乳腺も発達し、乳房もますます大きくなります。出産に向けた準備が進み、ママになる実感が更にわいてきたのではないでしょうか。

【パパはいま】

このころのパパは、ママのお腹に手を当てて赤ちゃんの胎動を感じるのが日課になっているのではないでしょうか。ママが妊娠に慣れてきたころで、ママが油断する時期です。パパはママの食事や行動で油断があれば、赤ちゃんのためママの行動を是正しあげましょう。

胎児の成長_妊娠21週目

妊娠21週目ともなれば、赤ちゃんはお腹のなかでぐるぐると回転し始めています。赤ちゃんの心拍は今まで専用の機器でしか聞こえなかったのが、どんどん大きくなり、聴診器でも聞こえるようになっているかもしれません。赤ちゃんの心拍は大人の2倍ぐらい1分間に120回以上鼓動しています。ママの腰痛はいかがでしょうか。赤ちゃんの成長によってママの体重が増え、内臓の位置が動いています。ママの体の変化は、赤ちゃんの成長が進んでることの証拠なので、胎動を感じながら、むりせず体をいたわりましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは240~300ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは300グラム位まで大きくなっています。赤ちゃんの生殖器がだんだん成長し始め、主治医からは男の子、女の子の判断が伝えられるかもしれません。赤ちゃん指には指紋がぐるぐると形成されてきます。赤ちゃんの皮膚の形成は進み羊水から体を守る役割も果たしています。胃は伸縮を始め、膀胱には尿を貯めるための機能も発達しています。

【ママはいま】

子宮の高さは、おへそぐらいい到達し、お腹は出てきています。ママの体では、出産に向けた準備が進み、関節や靭帯を緩めるためのホルモンがでています。腰痛が激しくなる時期で、ママは腰痛などから体を守る為に妊婦用のサポーターを巻くなどして、楽な姿勢をとりましょう。

【パパはいま】

赤ちゃん性別は聞きましたか。そろそろ、ママのマタニティグッズが揃い、これからは赤ちゃんの買い物でそわそわしているのではないでしょうか。性別に限らず使う哺乳瓶やタオルなどを買いに外に出ましょう。ママはお腹が大きくなっているので、荷物はパパが持つようにしてあげましょう。

胎児の成長_妊娠20週目

妊娠20週目ともなれば、全妊娠期間の中間地点です。ここまですべてが順調に妊娠期間を過ごしたママは少ないのではないでしょうか。沢山の心配とそれと同じぐらいの安心があったのではないでしょうか。ママの気持ちを知ってか知らずか、赤ちゃんはお腹のなかで元気に動いているのではないでしょうか。胎動は感じていますか。お腹を触ると赤ちゃんの位置や向きがなんとなくわかるママもいるかもしれません。赤ちゃんの内臓は成熟に向けてどんどん発達しています。体の細部まで筋肉が発達してきています。ママは胎動をうけて赤ちゃんの成長を感じましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは210~250ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは250グラム位まで大きくなっています。赤ちゃんの内臓や筋肉以外にも、感覚などをつかさどる神経などもどんどん発達を続けています。体では内耳の形成や鼻などの細部もだんだん個性がでてきます。エコー写真で主治医から目と鼻を指示してもらえるかも知れません。

【ママはいま】

子宮の高さは、おへそぐらいい到達し、お腹は出てきています。これから約1週間に1センチペースで子宮は大きくなります。そのため、からの重心がくずれ腰痛や背中痛、肩こりを感じているママも多くなります。体のバランスが崩れたことで転びやすくなりますので、布団の上げ下ろしや外を歩く時もきをつけましょう。また、体重管理は続けていますか。このころからお腹の羊水や赤ちゃんの成長で体重が増える傾向があります。体重管理は安産の為にもつづけましょう。

【パパはいま】

パパは胎動を感じることが出来ましたか。赤ちゃんに話しかけるのは、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、赤ちゃんは外の音に反応し始めます。生まれた後もパパの声で安心できるように、少しづつ赤ちゃんに話しかけましょう。ママが転びやすくなっています。外を一緒に歩くときは手を繋ぐなどしてサポートしましょう。

胎児の成長_妊娠19週目

妊娠中期は、赤ちゃんの骨がしっかりと形成されて行っています。妊娠19週目ともなれば、赤ちゃんの皮膚の形成が始まっています。まだまだ外気に耐えられるような肌ではないですが、少しづつ皮膚ができはじめます。赤みがかった皮膚には胎児の産毛の胎毛が生え、肌を羊水から守ってくれています。ママは胎動を感じ始めてるかもしれません。赤ちゃんが足を伸ばし、ママのお腹を押し込んでいるのではないでしょうか。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは190~250ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは250グラム位まで大きくなっています。赤ちゃんの性別は分かりましたか。このころには、女の子であれば生殖器がほぼ完成に近づいています。男の子も精巣が形成されています。エコー写真では背骨がくっきり見えているのではないでしょうか。赤ちゃんの骨や脂肪はどんどん成長しています。

【ママはいま】

下腹部に痛みを感じることはありませんか。動けるようになって、軽い運動を始めているからでしょうか。実は、ママの体なのかでは子宮が大きくなることで、内臓の圧迫の他にも靭帯などが伸びてしまい痛みを感じることがあります。運動もほどほどにして、主治医に相談するのもいいかもしれません。本格的に体重管理をしてください。和食中心で鉄分やカルシウムの摂取も忘れないようにしましょう。ママの肌が少し黒ずみやシミのようなものが出ているかもしれません。妊娠によるホルモンの変化で、妊娠線や肌の変化が起きますが、出産後は改善することが多いので安心しましょう。

【パパはいま】

ママの歩くスピードが遅くなったり、昼寝が多くなったりとママがだらけているように感じているのではないでしょうか。実はママは、息切れや疲れやすくなっています。それを知らないので、少しイライラしているかもしれません。ママはつわりが終わり元気に見えますが、とても疲れやすくなっているので少しゆっくり歩いてあげるのも優しさかもしれません。

胎児の成長_妊娠18週目

妊娠中期は、赤ちゃんがぐんぐん成長しています。ママの体も変化に対応しようと必死です。妊娠18週目ともなれば、赤ちゃんの内蔵では消化の練習が行われています。脂肪がつき始め、体は大きくなり、動きも活発です。ママは胎動を感じ始めてるかもしれません。多くのママは、妊娠中期に入り胎動を感じ始めます。胎動なのか、お腹のガスが動いたのかわからないかもしれませんが、何かがお腹のなか動いた感覚があります。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは170~220ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは200グラム位まで大きくなっています。赤ちゃんは羊水を飲み作られたばかりで、発展途中の胃腸で消化活動をはじめています。赤ちゃんの指には爪の形成が始まりました。エコー写真では指の関節が分かるぐらい骨が成長しています。

【ママはいま】

安定期に入り、動けるようになってきました。そろそろ安産に向けて何か始めようと思っているのではないでしょうか。マタニティーヨガなど体に負担がかからないように、リラックスできる運動をしましょう。むくみの解消や安産に向けた準備をしましょう。子宮は大きくなり、おへそぐらいまで大きくなっているのではないでしょうか。子宮が大きくなり、内臓が圧迫されて血流が悪くなり心臓への負担が増えています。息苦しさや立ちくらみなどを起こす場合がありますので無理のない生活を送りましょう。

【パパはいま】

ママのお腹が大きくなり、ママから胎動を感じたなどと言われて、ママのお腹に耳を当ててパパも赤ちゃんの動きを感じたいと思っているところです。まだ、パパには赤ちゃんが挨拶してくれません。エコー写真をみて、赤ちゃんの成長を確認しましょう。

胎児の成長_妊娠17週目

妊娠中期の妊娠17週目ともなれば、赤ちゃんの脂肪がつき始めています。脂肪組織は背中や腰の周りからつきはじめています。脂肪はエネルギーをため込む源です。赤ちゃんは代謝を覚え始め成長が進んでいます。ママは、医師からアルファ・フェトプロテイン検査を説明されているかもしれません。検査は赤ちゃんの遺伝子異常等の確認をします。その他に遺伝性疾患をもつ赤ちゃんが生まれるリスクが高まる35歳以上のママには羊水穿刺の説明があるかもしれません。スクリーニングの検査は主治医と話し合って行うようにしましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは150~170ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは140グラム位まで大きくなっています。赤ちゃんは羊水の中でおっぱいを吸う準備をし始めています。指をしゃぶり始めている赤ちゃんいます。赤ちゃんは、吸うや飲むの練習をして外の世界で生きていくための準備を着々と進めています。そろそろ性別組織が成長し始める頃です。

【ママはいま】

既に妊婦さんの体つきになっているのではないでしょうか。職場などに妊娠したことを伝えるかどうか迷っているかもしれません。お腹やバストアップも始まりママの体も外から妊婦さんであることが分かる時期に入っていますので、状況を考えて職場に伝えることも考えましょう。ママの胸が大きくなっています。きつめの服をそのまま着ていると乳腺の発達を妨げる可能性もありますので、少し余裕のある服を着たほうがよいでしょう。週末は買い物に行きましょう。

【パパはいま】

ママが健診から帰ってくるのを待ち遠しく待っているのではないでしょうか。エコー写真に赤ちゃんが写り、性別が分かるのではとワクワクしている頃です。性別はまだ分からないかもしれません。また、ママの検査内容に耳を傾けられる時期です。赤ちゃんのエコー写真を見ながらママとの会話を楽しみましょう。

 

胎児の成長_妊娠16週目

妊娠中期にはいりました。妊娠16週目ともなれば、赤ちゃんの筋肉組織が強くなり始め、バタバタと体を動かして筋トレをしています。ママは医師から安定期といわれてるかもしれません。妊娠16週目から安定期とされています。少し安心材料をもらえたのではないでしょうか。まだまだ油断はできません。適度な運動と栄養バランスを考えた食事をとりましょう。体重管理をはじめましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは110~120ミリメートルぐらいの大きさがあります。重さは80グラム位まで大きくなっています。筋肉や骨が少しずつしっかりしてきます。赤ちゃんは、その作られた筋肉を使ってママのお腹のなかで、動いています。胎動を感じるにはまだかもしれませんが、羊水の中で大暴れです。

【ママはいま】

ホルモンバランスが安定してきたことで、安定期にはいりました。お腹は少し大きくなり、バストアップも始まり赤ちゃんを育てるママの体も準備が進んでます。少し息苦しさをかんじるかもしれません。大きくなったお腹がママの胸部を圧迫し始めた証拠です。そろそろ腹帯を巻く頃です。妊娠5ヶ月ごろに安産祈願を込めて、帯祝い(着帯祝い)と呼ばれる習慣があります。5ヶ月目の戌の日に妊婦が腹帯を巻くものです。無理せず体調のいい日を選んで行きましょう。

【パパはいま】

パパは、ここに来て疲れがどっと出たかもしれません。つわりなどでママへの気遣いや、ママが安定期に入った安心感です。体調のを崩さないように、休息はしましょう。ただ、ママの腹帯を買いにいくのは付き合ってあげましょう。

 

胎児の成長_妊娠15週目

赤ちゃんは産まれる準備に一生懸命です。妊娠15週目ともなれば、胎盤が完成に近づいています。胎盤ができればホルモンバランスが整いつつあり、基礎体温も少しずつ下がり始めます。赤ちゃんは産毛が生え始める頃です。既に赤ちゃんは、重さが60グラム少ぐらいまでになって、ママのお腹も少しずつ大きくなっています。ママのつわりは終わりっている人が多いのではないでしょうか。毎日体重計に乗り、体重管理をはじめましょう。突然の食欲の回復に今まで我慢していた食べ物を食べたくなり、暴飲暴食気味になります。食欲が戻っても、食べ過ぎに注意しましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは100~120ミリメートルぐらいの大きさがあります。大きさは握りこぶしより少し大きいぐらいでしょうか。このころには、筋肉組織、臓器の他に産毛が生えてきます。赤ちゃんの産毛は羊水の中で皮膚を守るためのものでもあります。生まれた時に、産毛は減ります。髪の毛はというと赤ちゃんが生まれたときに髪の毛がふさふさな子もいれば少ししか生えていない子もいます。他にも血管もでき始めていますので血液が流れ始めています。生まれる準備を着実に進めています。

【ママはいま】

子宮が赤ちゃんの成長とともに大きくなってきます。妊娠周期の進行に比例して子宮底長は長くなります。この時期のママは体が腫れぼったくなっているかもしれません。妊娠により血液が増えていることで起きています。軽い運動などで解消することもできますので、医師と相談師ながら、ウォーキングやヨガなど軽い運動で解消しましょう。お腹も大きくなり始める頃なので、今までの洋服だと圧迫されることもあります。大きめのゆったりした下着や服を買いましょう。

【パパはいま】

ママが少し動けるようになり、散歩に付き合ったりしています。いままで遊びに行けなかったので夫婦二人で遊びに行くこともできるのではと考えがちですが、ママの体はまだまだ安定期になっていません。お出かけしても少しママの体を気遣って、休憩を多めにとるようしましょう。

胎児の成長_妊娠14週目

赤ちゃんは産まれる準備に一生懸命です。妊娠14週目ともなれば、口が出来はじめ、パクパクと動かし呼吸の練習を始めてるのではないでしょうか。ヘソの緒を通じて赤ちゃんへの栄養はどんどん運ばれています。ママのお腹の中の赤ちゃんは、外形的にも組織が出来上がってくるので、徐々にその機能が活動を開始します。赤ちゃんが外の世界で生きるための準備を着々と進めています。赤ちゃんの重さが50グラム少ぐらいまでになって、ママのお腹も少しずつ大きくなっています。ママのつわりは終わりましたか。太りすぎると赤ちゃんへの健康リスクが高まります。体重管理をして、食欲が戻っても、食べ過ぎに注意しましょう。

【赤ちゃんはいま】

赤ちゃんは80~110ミリメートルぐらいの大きさがあります。ついに10センチメートルの大台に到達です。筋肉組織も少しずつ出来はじめ、動き始めています。顔の組織が出来はじめています、赤ちゃんはどんな顔になるのでしょうか。ママに似てますか。喉元の組織も出来はじめ、声帯なども産声をあげるために成長しています。

【ママはいま】

子宮が赤ちゃんの成長とともに大きくなってきます。妊娠周期の進行に比例して子宮底長は長くなります。この時期のママの子宮底は恥骨の上端から測って、もうすでに約13~14センチの高さなってるのではないでしょうか。お腹も大きくなり始める頃なので、今までの洋服だと圧迫されることもあります。大きめのゆったりした下着や服を買いましょう。

【パパはいま】

ママの変貌ぶりに驚いています。つわりなどでママが大変な状態だったのに、いまは、妊娠前より元気すぎるからです。ママが少し動けるようになり、パパも心配も減っていますが、まだまだ安心はできません。ママのサポートをわすれないようにしましょう